最近のトラックバック

リンク

« ー17500円でした。 | トップページ | シルクメビウス »

ウオッカ

昨日の安田記念ではウオッカが勝ちました。ウオッカの血統については何度も書いているので、改めて書く必要もないと思いますが、簡単に書いておきます。父親は、タニノギムレットです。タニノギムレットの母系は、日本でも種馬をやっていたクリスタルパレスでカロ系です。それと、母系が、ルシオン(リヴァーマン、ネヴァーベンド)、トウショウボーイ、トウルビヨン系です。ルシオンとトウショウボーイは、ナスルーラ系ですから、2代続けてナスルーラが牝系に入っています。それと、ウオッカは、日本牝系のシラオキ系です。4つのうち、3つがナスルーラですが、牝系としては、悪くないと思います。牝系に2代続けてナスルーラが入っているのは、効果があるはずです。ウオッカは、競走馬として優秀なのですが、血統を見れば繁殖としてもかなりやるのではないかと思います。来年も走らせるみたいな話もありますが、そんな必要はないと思います。この牝系は、広がる可能性がありますがら、わざわざ引退を延期する必要はないと思います。もし、予後不良なんてことになったら大変です。日本の競馬界の大きな損失になるかもしれません。走らせるなら海外だと思います。それで、昨日のレースを見た感想を書いておきます。ウオッカは、馬体はもしかしたら、一番いいぐらいだったんじゃないでしょうか。とにかくすばらしく見えました。馬体というと、最近の日本の馬は、本当にヨーロッパの馬に体型が似てきたと思います。これは、きちんと過去の馬を見てみないとはっきりはいえないので、イメージと言うことになってしまいますが、昨日安田記念にでていた馬をみてもそれが分かります。一番胸前が発達しているのは、ディープスカイですが、ウオッカもとても牝馬とは思えないぐらいの体つきをしています。最近はサンデーサイレンス系の馬が多いですが、サンデーサイレンスの胸前というのは、大して筋肉はありませんでした。それでも、いまいる馬は、サンデーサイレンス系でも胸前が発展しています。それは恐らく馬場が深くなった影響なのではないかと思いますが、それでも、ヨーロッパの馬との違いもやはり少しはあります。ヨーロッパの馬は、日本の馬に比べて、脚の太さが違うんじゃないでしょうか。ぱっと見なので、はっきりは分かりませんが、もしかしたら、なかなか日本の馬がヨーロッパで勝てない理由なのかもしれませんね。それだけ環境は違うと言うことなんだと思います。それと、ウオッカがなぜ、ドバイで勝てないのかというのを考えてみようと思ったのですが、ビデオがみれないので、それはちょっと無理かもしれません。走っている姿を見ないと何もいえません。ただ、私は、馬場が深くなってきたために、ああいった馬場をはじくような走り方になったと思うので、そのあたりがどういうことなのか分かりません。もし、馬場が深くなってきたために、ああいった走り方をするようになったなら、ドバイでも好走は可能なのではないかと思うのですが、もしかしたら、水分を含んでるとか、そういった問題もあるのかもしれません。ウオッカは、ドバイで全然だめでしたが、それでもイギリスでだめかどうかはまだ分からないと思います。馬場の適正というのは、実際走ってみないと分からないんじゃないでしょうか。オーナーが何で来年もなんていう話をし出したのかは分からないのですが、賞金目当てというならしょうがありませんが、純粋に走らせたいと思うんだったら、イギリスでもう一度勝負してみるというのも面白いんじゃないでしょうか。ドバイとイギリスはみた感じ芝の質が違うように見えます。もちろん、ドバイのレースというのは夜と言うこともあって、映像では、どうしても違って見えてしまうのかもしれませんが、私には、ドバイの芝がサッカー場の芝のように見えます。まあ、サッカー場と言っても世界中いっぱいあるし、芝の質も気候に合わせて違うはずですから、それもいい加減な話なのですが、何かが違うような感じがするんですよね。日本でも、中央の競馬場と函館では違いますが、そういった違いなのかもしれません。ドバイは中東ですから、特別な芝である可能性もあると思います。とにかく、走ってみないと分からないと思います。来年も走らせる必要はないと思うのですが、それでももし走らせるというなら、凱旋門賞にいくとまでいっていたのですから、イギリスでレースをすることはおかしいとは思いません。フランスの馬場に合わなかったイギリスの名馬なんて、何頭もいるんじゃないでしょうか。ナシュアンもそうでした。結局、たたいたレースで見切りをつけました。芝の適正だとか重適正なんていうのは、個体差もあるし、ただ単に走り方だけの問題ではないはずだし、イギリスだったらあうなんて可能性もなくはないはずです。フランスの馬場は水分が多いですよね。昨日の強さを見たら、ヨーロッパでの走りをぜひ見たくなりました。すみません、付け足しで。さっきのドバイの芝なんですが、もしかしたら水を撒いていたりするんでしょうか。それでなければ、堅いのに水分を含んでるとか、なんかイメージとしては、そういうふうにも見えたんですが、よくは分かりません。

« ー17500円でした。 | トップページ | シルクメビウス »

リーディングサイアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウオッカ:

» YouTube ウオッカ [使えるブログ]
もっと、ウオッカを! パドックでのウオッカは、気配を消すかのように落ち着き払って周回していました。ダービーを制した時(もう2年前)は、落ち着きの中にも気合を秘めているような周回でしたが、今のウオッカこそが本当に完成した姿だとしたら、私たちは、その姿をまだ2回 ...(続きを読む) ウオッカ豪脚Vに8万人が酔った! 武豊「彼女の強さを再認識」 ウオッカ酔わせた六冠V! 「アジアマイルチャレンジ」シリーズ最終戦でもあるJRA春の最強マイラー決定戦・第59回GI安田記念が7日、東京競馬場1600メー... [続きを読む]

« ー17500円でした。 | トップページ | シルクメビウス »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ