最近のトラックバック

リンク

« シルクメビウス | トップページ | 競馬 »

3ヶ月、3ヶ月の休み明け

土曜日に書こうと思ったのですが、書きそびれたので、3ヶ月、3ヶ月の休み明けのローテーションについてです。この間ダービーでロジユニヴァースが勝ちました。ただロジユニヴァースは、皐月賞で惨敗しました。もちろん、展開とかもあったのですが、私はローテーションが大きかったのではないかと書きました。ロジユニヴァースは、デビューしてから、3ヶ月、3ヶ月、2ヶ月、1ヶ月で皐月賞を使いましたが、これはかなり無理があると思いました。それは、だいたい普通の条件戦ですが、3ヶ月、3ヶ月のローテーションというのは、いい成績を残す馬というのは少ないといっていいと思います。それは、もちろん、3ヶ月、3ヶ月のローテーションで使おうなんていう調教師はほとんどいませんから、順調さを欠いた馬であるといってほとんど間違いありません。そうなれば、こないのはある程度は想像がつくのですが、しかし、すべてがこないというわけではないし、ある程度パターンはあります。だいたいこないのが、善戦している馬ですね。2着とか、3着とかあたりの成績を残しているような馬は、人気になったりするのですが、私は切ります。よくは分かりませんが、順調さを欠いた馬のコンディションと、陣営の意気込みとの乖離みたいなのがあるのではないかと思います。それだったら、着差のない5着とか6着あたりの馬のほうが、きたりします。このあたりもよく分からないのですが、そういった感じがします。それとですが、3ヶ月、3ヶ月の休み明けのあとで、勝った馬は、次はだいたい勝てませんね。これも、私は切りです。なぜなのかは分かりませんが、そういった傾向はあると思います。やはり、順調さを欠いた馬が、2連勝するというのは難しいと言うことなのかもしれません。ただ、ロジユニヴァースの場合は、これには当てはまらないかもしれません。しかし、そもそもが結果が出ないローテーションですから、それ以外にも問題はあるはずです。休んで走って、休んで走っての方がいいのか、それとも、ある程度走らせて、休ませて、またある程度走らせてというほうがいいのかということでしょうね。2ヶ月間をあけて走る馬もいますが、それは珍しいんじゃないでしょうか。3ヶ月、3ヶ月のローテーションを考える場合は、だいたい順調さを欠いていることと、それと、休んで走って休んで走ってというのは、馬に負担がかかると考えるのがいいということだと思います。ロジユニヴァースは、走って休んで走って休んでというのが、たたったと私は思います。しかし、そこから復活するわけですから、並大抵の馬ではないと思います。

« シルクメビウス | トップページ | 競馬 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3ヶ月、3ヶ月の休み明け:

« シルクメビウス | トップページ | 競馬 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ